レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます

レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。 レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 

 



レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ますブログ:02 5 20

「みっか間で10kgやせた!」とか
「ひと月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
おれも何度試したことか…

そのような話題になるシェイプアップの中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品シェイプアップ」ではないでしょうか?

「バナナシェイプアップ」「りんごシェイプアップ」
「こんにゃくシェイプアップ」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品シェイプアップは、
「ある食品以外絶対食べない」というシェイプアップ方法ですから、
栄養面から見ると体質に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品シェイプアップが話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「シェイプアップが成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「シェイプアップが成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険なシェイプアップなんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
体質は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
体質自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品シェイプアップは危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
おれは思います。


ホーム サイトマップ